Gimpのツールボックス(矩形選択・楕円選択)

画像編集ソフトウェアのインターフェースは若干癖があるので、初心者の場合、混乱する場面も出てくるでしょう。
Gimpのチュートリアルでは簡単に触れたGimpのインターフェースを通じた使い方を解説します。
ツールボックス、描画ウィンドウ、パレットの3視点から、一体Gimpで何ができるのか、に迫ってみます。
まずは、ツールボックスから。

ツールボックス     描画ウィンドウ     パレット
線

領域の選択

通常、画像の加工・編集作業は選択した範囲のみに適応されます。領域の選択により、的確な加工を行う事が可能となります。適切な範囲選択の設定を心掛けましょう。
Gimpには領域の選択の為のツールが揃えられています。要するに、これらの使い分けが大切になってきます。




矩形選択
 

ツールボックスのアイコンを使用すれば、長方形の範囲選択が可能となります。

1、ツールボックスからアイコンを選択します。

2、描画ウィンドウ上にて、選択始点から選択終点までマウスをドラックする。四角い点灯枠が出現したら、範囲の選択ができています。


※画像の様に選択範囲が表示されたらOK


楕円選択
 

ツールボックスのアイコンを使用すれば、円形の範囲選択が可能となります。

1、ツールボックスからアイコンを選択します。

2、描画ウィンドウ上にて、選択始点から選択終点までマウスをドラックする。丸い点灯枠が出現したら、範囲の選択ができています。


※円形の選択範囲を定める事も可能



inserted by FC2 system