Gimpのフィルタ(ビデオ)

画像の質に大きな変化をもたらせ、その印象を一変させてしまうフィルタ機能。
Gimpにデフォルトで付属されているフィルタは解説を行います。
このページでは変形効果を持つフィルタを紹介します。

ぼかし 強調 変形 照明と投影 ノイズ 輪郭抽出 汎用 合成 芸術的効果 装飾 マップ 下塗り ウェブ アニメーション ロゴ効果
線

変形


※元画像
「変形フィルタ」は、あたかも画像のキャンバス自体をねじ曲げるかの如く表現を可能とします。例えば、「物理的に手でひねられた画像」を表現したり、「川に石を投げ入れた際発生する波紋を画像上にて再現」したり…。とにかくレイヤーに紙の質感を持たせ、その性質を別のものに変形させるといった操作ができます。説明の難しいフィルタですので、実際に各々試してみるのが良いでしょう。
変形には「ぐるぐるひねる」、「ずらし」、「ひん曲げる」、「エンボス」、「ビデオ」、「ブラインド」、「ページめくり」、「モザイク」、「対話型歪め」「彫金風」、「新聞印刷」、「明度伝搬」、「極座標」、「」、「波紋」、「」、「レンズ補正」、「一行おきに消す」の17種あります。


ビデオ
 

「ビデオ」は、ビデオデッキで録画した動画の様な画質を表現します。例えば、ビデオ映像特有の走査線(インターレース)などのノイズを再現させます。
設定画面では、上記に書いた様なビデオのノイズパターンを選定します。ビデオパターンには、「ずらす」、「大きくずらす」、「縞」、「幅広縞」、「長期的にずらす」、「3×3」、「大きな 3×3」、「Hex マップ」、「ドット」の9つの効果が用意されています。また「付加的」、「回転」を指定するラジオボックスがあります。前者は明暗の暗転を、後者はノイズ模様の90度回転を適応するか否かの選択になります。


※「ずらす」効果

※「大きくずらす」効果

※「縞」効果


※「幅広縞」効果

※「長期的にずらす」効果

※「3×3」効果


※「大きな 3×3」効果

※「Hex マップ」効果

※「ドット」効果

Gimpの使い方
inserted by FC2 system