Gimpのフィルタ(超新星)

画像の質に大きな変化をもたらせ、その印象を一変させてしまうフィルタ機能。
Gimpにデフォルトで付属されているフィルタは解説を行います。
このページでは照明と投影に関するフィルタを紹介します。

ぼかし 強調 変形 照明と投影 ノイズ 輪郭抽出 汎用 合成 芸術的効果 装飾 マップ 下塗り ウェブ アニメーション ロゴ効果
線

照明と投影


※元画像
「照明と投影フィルタ」は光源を用いた画像の明暗を表現したり、遠近法などを利用した投影法を実現させます。特に前者の場合は素材画像に逆光の演出を与えたい場合等にも有効です。
照明と投影フィルタには「グラデーションフレア」、「きらめき」、「レンズフレア」、「ライト効果」、「超新星」、「Xach効果」、「ドロップシャドウ」、「遠近法」、「ガラス効果」、「レンズ効果」の10種類のツールが用意されています。


超新星
 

超新星では、「色」、「半径」、「幅」、「乱数色相」の操作設定ができます。下記左端の画像(※デフォルト設定での修正)の「色」は「青」に設定されています。これを赤に変えたり黄色に変化させる事ができます。
全体的に上記の「レンズフレア」より細かい操作ができると言えるでしょう。ちなみに、「レンズフレア」は「太陽の輝き(あるいは太陽光線)」を表現するのに対し、「超新星」は「超新星の大爆発時に発現する輝きの収束」を表します。実際に両者を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。


※デフォルト設定での修正

※「乱数色相」を「360」に変更





Gimpの使い方
inserted by FC2 system